現代男性の脱毛事情と世の中の流れ

現代男性の脱毛事情と世の中の流れ

男性の毛ってどう思いますか?髪の毛は必要だけど口元のヒゲ、腕毛、すね毛、胸毛などって濃いと嫌われやすいですよね。最近は中性的な男子の方が人気があるので剛毛な方は何だか肩身がせまい感じがします。でも毛って遺伝的なものもあるから自分では選べないですよね。

かといってお手入れしてるのも何だか恥ずかしいって思う方もまだまだ多くいると思います。口元のヒゲはオシャレにアレンジしていたり、毎日剃るのが日課な方もいます。でも腕毛、すね毛、胸毛って何だか処理しにくい。カミソリで剃ってツルツルなのは何だか違うし、程よく毛があるって絶妙な感じで難しいです。世の男子諸君は一体どうしているのか?女性のように男性専用の脱毛サロンもありますが行くのに何だか勇気がいります。そもそも男性の毛って、多すぎると女子からは不評ですが同性の男子からはワイルドともてはやされたりします。男子目線をとるのか、女子目線をとるのかこれは毛のこと以外にも永遠のテーマです。脱毛サロンに行けば限りなく自分の理想には近づけると思います。自分の処理では難しかったり恥ずかしかったりします。ひと昔前より男性は美意識が出来てきたのかもしれません。いや、もともとあったのを隠していたのかもしれません。何を持って男らしさとするのか?毛ってワイルドな象徴ですがあるからワイルドなワケでもないから軟弱なワケでもないです。ただ世間の思い込みはありますよね。全体的に世の中がもっと寛大で固定観念がなくなれば男性の脱毛事情も変わってくるかもしれないですね。

参考http://datsumou-beryl.com/